フランチャイズが多い業界は?

フランチャイズは募集する側も応募する側もメリットが多い

フランチャイズによる店舗展開は、企業側、オーナー側双方にメリットがある仕組みです。まず、企業側のメリットは直営店のみで店舗展開するよりも、オーナーを募集し人材を集める方が店舗網構築のペースが速い点です。また、オーナーが自分の土地を持っている場合は、用地取得のコストを節約する事ができます。
次に、オーナー側のメリットとしては、知名度が高い名前で商売を始められるので、開店当初よりある程度の集客が見込めます。また、企業側から経営ノウハウを教えてもらえるので、一から自分で勉強して、自力で起業するよりも早期に経営を軌道に乗せることが可能です。
つまり、企業側にとっては店舗網構築にかかる時間とコストを節約でき、オーナー側は経営リスクを低減させることができるのです。

フランチャイズが多い業界と、最近の傾向

フランチャイズが多い業界の筆頭として、コンビニ業界が挙げられます。コンビニは地元の酒屋や小物屋を取り込むことで拡大を図ってきました。こういった店舗の多くは、好立地に建っていることが多く、また、小売りの経験がある人に店舗を任せることで、人材育成の手間を省くことができるというメリットがあります。
次に多いのは、弁当店や居酒屋、ラーメン屋といった飲食業界です。この業界にフランチャイズが多い理由は、店舗数を増やすことにより、食材などの大量購入を可能にすることで、仕入コストを下げられるからです。
これ以外にも、最近では学習塾や美容室などでもフランチャイズ形式を取り入れる企業が増えています。独立を考えている人は、自分がチャレンジしてみたい業種でフランチャイズの募集が無いか、チェックしてみると良いでしょう。